小規模多機能型居宅介護事業所「チロリン村」は「通い」「訪問」「宿泊」を組み合わせて利用するサービスです。
『急な用事で出かけなきゃいけない…』急な泊りが必要な時でも、24時間・365日いつでもご利用いただけます。
通院送迎や、ご希望があれば、自宅での看取り介護など、ご利用者さまに合わせて、住み慣れた地域でお手伝いさせていただいております。

利用シーン

『子どもが急に発熱…。でもおばあちゃんのお世話もしないといけないし、どうしよう…』こんなことありませんか?
「チロリン村」では、急な用事で出かけないといけない緊急時でも24時間・365日いつでもご利用いただけます。
他にも『急に泊りがけの出張が!出張の間だけ、おじいちゃんを預かって欲しい!』など、様々なご要望にもお応えできます。

利用者の声

利用し始めたころは1日過ごすのが長く感じましたが今は慣れて体が動くようになりました。良くしてもらっています(K・M様)
チロリン村がないと本当に困ってしまいます。これからも宜しくお願いします。(K・M様)
職員の人がいいのでありがたいです。(S・T様)
買い物が楽しみです、又飴を買いに行きたいです。(S・H様)
要望は特にありません、満足しています。(S・M様)

営業時間

営業日年中無休
通いサービス月~日 9時30分~16時
訪問サービス24時間
宿泊サービス月~日 16時~9時30分


*受付、相談については8時30分~17時30分となります。

対象エリア

いわき市内(原則としてはいわき市内以外の地域の方は当事業所のサービスを利用できません)

送迎

ご自宅と事業所間の送迎サービスを行います。
送迎時間は、利用者さまの当日の体調や、ご家族の状況に応じて、臨機応変に変更可能です。

機能訓練

機能訓練として、毎朝のラジオ体操、ボールを使ったレクリエーションや室内でのゲートボールなどを行っております。
食事の前には唾液が出やすくなる「あいうべ体操」という口の体操をしてからお食事に入ります。
クリスマス会や、年末年始には餅つきや書き初めなど、季節ごとに楽しい催しを開いております。

食事

地域の食材を使用し、利用者さまの希望、体調に合わせた手作りの温かい料理を提供しています。
午後2時からは「おやつタイム」として「ホットプレート」を使った料理(ホットケーキやフルーチェなど)や、
月に1度、餃子や鯛焼きを利用者さまと職員が一緒に作って食べる「お楽しみ会」を実施しています。

入浴

入浴時は利用者さまご自身が行えない衣服の着脱、身体の清拭、洗髪、洗身をスタッフが介助いたします。
浴槽は3〜4人が同時に入れる大きな浴槽で、窓からは景色もご覧いただけます。

利用料金の例

要介護3の方が月・水・金の通い、火・木・土の訪問、毎週1回の宿泊を利用した場合
介護サービス費(定額制)
要介護3(22,157円)+各種加算料金(4,441円)=小計26,598円
食費:昼食代(600円×12回)=小計7,200円
宿泊代:2,000円×4回=小計8,000円
合計41,798円

要介護3の方が、長期宿泊(※)を利用した場合
介護サービス費(定額制)
要介護3(22,157円)+各種加算料金(4,441円)=小計26,598円
食費:朝昼夕食代(1,500円×31回)=小計46,500円
宿泊代:2,000円×31回=小計62,000円
合計135,098円

※長期宿泊・・・特別養護老人ホーム等の施設が空くまでの基幹的な毎日の泊まり利用。事前にご相談ください。

お問い合わせ